1人1人の感受性に合わせた鍼を使用

hari-img

鍼施術を受けられたことがない方は
本当に痛くないのか??
感染の危険はないのか??
など不安も多いかと思います。

当院は「患者様の感受性に合わせて施術が行える様に、
他院に比べ鍼の太さを豊富に備えております。

hari-weight hari

参考までに、注射針の太さは約0.4mm~0.8mm、鍼施術の鍼の太さは0.1mm~0.25mmですので、鍼施術に用いる鍼はとても細いです。

鍼が怖い方には世界で最も細い鍼(蚊の鍼ほどの太さ)のご用意もございますのでご安心下さい。使用する鍼も国産ブランドの最も安全性の高いセイリン社製の鍼(1回使用の使い捨て鍼)を採用している為、感染症の危険はありません。

セイリンHPへ

「鍼の痛みを感じにくい」
厚生省承認医療機器-アキュスタ-導入

アキュスタ

まごのて拝島院は「患者様の治療への恐怖心を緩和したい」との思いから、厚生労働省承認医療機器「アキュスタ」を導入しております。

アキュスタとはペンシル型の鍼を打つ医療機器であり、魅力は「痛みをほとんど伴わず刺鍼出来る」ことです。

元来の施術は鍼管と呼ばれる〜鍼が入った筒〜を指で叩いて、数ミリ皮膚に鍼を刺鍼します。
これを「切皮(せっぴ)」と言い、この際にチクといた感覚が稀に出たりします。
アキュスタはこの「切皮」の際に用いる医療機器であり、ほとんど痛みを伴いません。
まごのて堂拝島院の患者様の施術に使用した際も、90%以上の患者様が「ほとんど痛みを感じない。」とお答え頂きました。

アキュスタは片手でペンシル式に切皮が行える為、まごのて堂拝島院の施術法である「エコーガイド下筋膜リリース」とも大変相性が良く、不快な痛みを最大限にカットした施術が可能となりました。

鍼がどうしても怖い方や、エコーガイド下筋膜リリース鍼施術を受けられる方に朗報です!

筋膜リリース~MYORUB~

MYORUB

MYORUB(ミオラブ)は筋膜リリースに特化した器具です。「リリース」とは「剥がす」という意味で、
筋膜の癒着を剥がすことを指します。最近の研究では「筋膜の癒着」が「痛み・シビレ」を作ると考えられています。

~MYORUBの5つの特徴~

  • 表層筋膜(浅い筋膜)のリリースによる症状緩和
  • 表層筋膜の緊張が緩むことで、鍼の無駄な痛みを抑える
  • 入念に行ったマッサージほどの筋弛緩を、速いスピードで実現できる
  • 施術の刺激は引っ張られる様な感覚だけ
  • 鍼が苦手な方にも筋膜リリースが行える

痛みの原因を施術する~手技施術~

問診・動作検査・触診

上記の過程で正確に患部を見つけた後、施術を行います。
症状の原因に施術を行うことができるので、通常の手技施術より効果が高いです。

追加メニューでピンポイント鍼施術も可能

「手技施術にプラスで鍼治療効果を出したい」
「手技施術から徐々に鍼施術に移行してみたい。」

そんなニーズにお応えするために、追加メニューをご用意しました。

追加メニューはこちら

例えば…..

筋膜リリース+手技施術

鍼5本追加

施術効果UP!!